AGAクリニックの口コミや評判

検索すると沢山出てくるAGAクリニックの口コミや評判などを紹介。

AGA治療薬ってなんなのですか?

   

AGA治療薬の詳細説明と男性ホルモンについて

『STOP HAIR LOSS』

「AGA治療薬」とは「AGA(男性型脱毛症)」を改善するための内服薬の事を指しており、医師の適切な指示のもとAGA治療を目的とする内服薬を服用すれば、AGAが引き起こす薄毛を発毛作用により改善することが可能となるのです。

内服薬により、体の中から薄毛の原因となる「毛穴近くに存在する酵素と男性ホルモン」との結びつきを阻害する効果を持っており、この両者が結びつくことで薄毛の原因となる男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の生成を防いでくれるのです。

AGA治療薬に含まれる成分について

AGA治療薬にたいていの場合含まれている成分は「ミノキシジル」と「フィナステリド」と呼ばれるものです。ミノキシジルは加齢とともに進行する頭皮の収縮した毛細血管を拡張させる効果を持っており、頭皮の血流が良くなることで毛髪の生成がスムーズに行われるようになるのです。

フィナステリドには、男性ホルモンと「5αリダクターゼ」と呼ばれる毛穴近くにある酵素の結びつきを阻害する効果をもっています。

上記でも説明した通り、これら両者が結びついてしまうと脱毛を引き起こす男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」へと変化してしまいます。

男性は女性と比べても男性ホルモンが多い特徴を思っており、加齢とともに増加する傾向にある男性ホルモンにより、このような酵素との結びつきの確立が高まってしまうのは必然的な事です。

男性ホルモン

それであれば男性ホルモンの生成をストップしてしまえばいいのではないか?といっても簡単な問題ではありません。男性ホルモンは「精力」「活力」「物事をポジティブに考える力」を司る成分であり、不足してしまうと薄毛は食い止めることはできますが、人間としてとても魅力が落ちてしまう事は間違いありません。

ですので、薄毛が進行してきた、または薄毛を予防したいという方には「AGA治療薬」で体の内側から有効成分による対策が効果的なのです。

 - 治療薬